メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「信頼される人に」奮起誓う 社会人野球・JR西日本

スタンドで動画を撮影しながら試合を見守るJR西日本の藤塚卓志投手(右)=大阪市の京セラドーム大阪で2019年10月29日午後4時3分、手呂内朱梨撮影

 第45回社会人野球日本選手権大会第5日の29日、JR西日本(広島)が1回戦でホンダ(埼玉)と対戦した。JR西は昨年の西日本豪雨で、広島県内などの多くの路線に甚大な被害を受けた。チームの中には、今月23日に再開したばかりのJR芸備線で、代行バスの運行業務にあたった選手もいた。試合は0―3で敗れたが、「選手としても駅員としても、信頼されるようになりたい」と前を向いた。【手呂内朱梨】

 JR芸備線は昨年7月初旬の西日本豪雨で、狩留家(かるが)駅(広島市安佐北区)の北約1キロに架かる「第1三篠(みささ)川橋りょう」が増水で流失するなど被災し、一部区間で長期運休を強いられた。同月23日から代行バスの運行を開始するとともに復旧工事を進め、今月23日、約1年3カ月ぶりに全線で運転を再開した。

この記事は有料記事です。

残り433文字(全文776文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「結婚は認める」しかし… 秋篠宮さま、重い立場に複雑 「見える形」での説明求める

  2. 「多くの人が納得し喜んでくれている状況ではない」 秋篠宮さま会見全文

  3. 「親としては尊重。結婚を認める」 秋篠宮さま、眞子さまの思い表明に

  4. 「菅語」を考える 論理的でない受け答え「首相の器ではない」 上西充子法政大教授

  5. 呼吸困難や倦怠感…実は深刻なコロナ後遺症 病院で相手にされず 医師「国は対策を」

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです