メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ヤマハ・矢幡 初回から「ガンガンいこう」配球読み先制打 社会人野球日本選手権

【王子-ヤマハ】一回裏ヤマハ1死三塁、矢幡が右越え適時二塁打を放つ(捕手・賀部)=京セラドーム大阪で2019年10月31日、山田尚弘撮影

社会人野球日本選手権 ▽2回戦 ○ヤマハ7―3王子●=31日・京セラドーム大阪

 打線がつながったヤマハ。JR四国から8点を奪った1回戦での得点は四回以降とエンジンがかかるのが遅かったが、この日は一回から早々に主導権を握った。

 無死二塁から、河野の送りバントがファウルになると強攻にチェンジし、大きな中飛で1死三塁とした。次打者の矢幡は「失敗からすぐ切り替えられている。いい流れ」と感じた。主将として試合前に「最初からガン…

この記事は有料記事です。

残り317文字(全文527文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 嵐のコンサート「開場前見たかった」ヤフオクドームに侵入容疑で男逮捕

  2. 2位の羽生「めちゃ悔しい 今に見ておけ」 GPファイナル男子

  3. 羽生2位、5度目のV逃す チェンが世界最高で3連覇 GPファイナル男子

  4. 三菱電機社員が自殺、上司を自殺教唆容疑で書類送検 兵庫・三田

  5. 羽生、プレゼントは「燃える悔しさ」 25歳誕生日、チェンと高次元の戦い

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです