メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

元オリックスのENEOS園部、プロ時代打てなかった京セラドーム大阪で2試合続けて安打

【JX-ENEOS-日本製鉄鹿島】五回表JX-ENEOS1死、園部が左前打を放つ=京セラドーム大阪で2019年11月1日、山田尚弘撮影

 元プロ野球・オリックスで、今季JX―ENEOS入りした園部がチーム唯一の得点につながる安打を放った。五回に遊撃手のグラブをはじいて左前に運ぶと、その後、相手の守備のミスもあって本塁生還した。5年間のプロ時代、本拠地だった京セラドーム大阪では安打がなく、今大会1回戦の先制適時二塁打が初めて。2試合続…

この記事は有料記事です。

残り114文字(全文264文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「ウイルスある程度まん延」専門家が読む北九州の現状 他都市も再燃警戒

  2. コロナ感染者ゼロ 「絶海の島」を逆手にとったパラオから日本へのメッセージ

  3. 「警官に押さえ込まれけが」 渋谷署前で200人が抗議デモ クルド人訴えに共鳴

  4. 新型コロナ あやめ・ラベンダーフェス中止 開花前に刈り取り 久喜 /埼玉

  5. 松尾貴史のちょっと違和感 早朝だけのゴミ収集 夜間にすると暮らしやすくなる

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです