メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

いよいよ準々決勝4試合 社会人野球日本選手権 第9日(2日)見どころ

京セラドーム大阪=曽根田和久撮影

 社会人野球の単独チーム日本一と年間王座を争う第45回日本選手権は2日、大阪市西区の京セラドーム大阪で準々決勝4試合がある。各試合の見どころは以下の通り。

 ○…準々決勝…○

第1試合(9時)NTT西日本(大阪)―大阪ガス(大阪)

 1、2回戦ともに2桁安打のNTT西日本打線を、大阪ガス投手陣がどう抑えるか。NTT西日本は4番・日下部、6番・長田が今大会で打率5割超。ベテラン右腕・吉元ら救援陣も安定している。大阪ガスは延長十一回の1回戦を3安打完封した右腕・阪本が2回戦も救援で3回を投げて中2日。継投機もポイントになりそうだ。

この記事は有料記事です。

残り543文字(全文806文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 嵐のコンサート「開場前見たかった」ヤフオクドームに侵入容疑で男逮捕

  2. 羽生、プレゼントは「燃える悔しさ」 25歳誕生日、チェンと高次元の戦い

  3. 羽生2位、5度目のV逃す チェンが世界最高で3連覇 GPファイナル男子

  4. 三菱電機社員が自殺、上司を自殺教唆容疑で書類送検 兵庫・三田

  5. 2位の羽生「めちゃ悔しい 今に見ておけ」 GPファイナル男子

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです