メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

社会人野球日本選手権

三菱日立、激闘制す ENEOSは惜敗(その1) /神奈川

【三菱日立パワーシステムズ-トヨタ自動車】二回表三菱日立パワーシステムズ1死、二橋が中前打を放つ=京セラドーム大阪で、久保玲撮影

 第45回社会人野球日本選手権大会(毎日新聞社、日本野球連盟主催)は第8日の1日、2回戦に県勢2チームが登場した。JX―ENEOSは日本製鉄鹿島(茨城)と対戦。序盤に2点を奪われると、五回に1点を返したが及ばず、1―2で敗れた。三菱日立パワーシステムズはトヨタ自動車(愛知)との接戦を制し、逆転勝ちで8強入りを決めた。1点を追う七回に久木田雄介選手の適時打で同点に追いつくと、九回にも久木田選手が本塁打を放ち勝ち越し。最後は継投で締めくくってトヨタを2―1で降し、今年7月の都市対抗で敗れた相手に雪辱を果たした。三菱日立は大会第9日の2日、準々決勝第4試合で日本製鉄鹿島と対戦する。【木下翔太郎】

この記事は有料記事です。

残り927文字(全文1225文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 弘前藩が「秘薬」アヘンを製造 「気分良くなる」と評判、偽薬も流通

  2. 松尾貴史のちょっと違和感 中村哲医師の悲報 安倍政権の冷ややかな反応

  3. 干され、食べられ… アジになりきる新施設、沼津に登場

  4. 橿原の男性焼死 傷害容疑で火元の部屋の20歳男を逮捕 奈良県警

  5. 安倍首相は“テフロン加工” 桜を見る会、海外の反応は「えこひいき」

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです