メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

日本生命、ヤマハ破り4強へ 終盤に均衡崩れる 日本選手権

【ヤマハ-日本生命】七回裏日本生命1死一、二塁、代打・高橋英の遊ゴロで併殺を狙った二塁手の一塁への送球がそれる間に、二塁走者・伊藤ヴが生還(捕手・東)=京セラドーム大阪で2019年11月2日、久保玲撮影

 第45回社会人野球日本選手権大会(毎日新聞社、日本野球連盟主催、大阪市共催)は第9日の2日、京セラドーム大阪で準々決勝4試合。第3試合は終盤に先制した日本生命(大阪)がヤマハ(静岡)を2-0で降して4強入りを決めた。

 日本生命は七回1死一、二塁で、2番・高橋英の遊ゴロの間に二塁走者の伊藤ヴが一気に…

この記事は有料記事です。

残り73文字(全文223文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 法務省「黒川氏の退職、捜査に支障ない」 定年で「重大な障害」だったのでは?

  2. 「民度が違う」発言で麻生氏がさらした決定的な事実誤認とは

  3. 米雇用改善 トランプ氏、死亡した黒人男性にとって「素晴らしい日」と発言 非難噴出

  4. 都知事選に出るワケ 熊本知事から「タイムリミット」示された副知事の決断

  5. 新型コロナ コロナ鎮めて! 群馬・「妖怪」だるま

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです