メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

強力打線沈黙のヤマハ 主将・矢幡の反省と手応え

 前戦まで2試合合計26安打を放ったヤマハ打線が5安打と沈黙した。唯一の好機は一回。主将の3番・矢幡が右翼線二塁打を放ち1死二、三塁としたが、後続が連続三振に倒れて無得点。矢幡は「(相手投手が)ピンチでギアを上げてきた様子が塁上で伝わってきた。ワンチャンスをものにできるかどうかで勝敗が分かれた」。日…

この記事は有料記事です。

残り97文字(全文247文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「本能寺の変 原因説総選挙」 50説から選ばれたトップは、やはり…

  2. 学校、公共施設で次亜塩素酸水の噴霧休止相次ぐ 厚労省「濃度次第で有害」

  3. 全長18.5メートルの巨大クジラ漂着 死因不明 福井・美浜町の海岸

  4. Social Good Opinion 廃棄される花にもう一度命を

  5. やっぱり新型コロナ危険因子だった喫煙、肥満 「足の赤いあざ」が示す感染の疑い

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです