メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ヤマハ4番・前野「最後まで諦めない」 熱い思い胸にPLの伝統受け継ぐ

【ヤマハ-日本生命】九回表、打席に立つヤマハの前野幹博外野手=京セラドーム大阪で2019年11月2日、北村隆夫撮影

 第45回社会人野球日本選手権大会で2日、準々決勝に登場したヤマハ(静岡)の4番・前野幹博外野手(24)は、休部状態にある名門・PL学園(大阪)硬式野球部の“最後の世代”と呼ばれる。不祥事で最後の夏を戦えなかった悔しさは、今も忘れられない。だからこそ、野球ができる今、「最後まで諦めない泥臭さを持ち、チャンスを任せられる4番でありたい」。熱い思いを胸に、日本生命(大阪)の投手陣に立ち向かった。

 「(大学や社会人、プロなど)どんなチームにもOBがいる、そんな伝統のある野球部に憧れた」。PL学園では1年生から試合に出場するなど、活躍した。だが、部内の不祥事が原因で、3年生の時、チームが半年間の対外試合禁止処分に。最後の夏に挑むことなく、高校野球を終えた。「最後の夏を両親に見せられないことが一番申し訳なかった。悔しかったし、つらかった。なんのためにPLに来たんだ、と」

この記事は有料記事です。

残り417文字(全文802文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「本能寺の変 原因説総選挙」 50説から選ばれたトップは、やはり…

  2. 学校、公共施設で次亜塩素酸水の噴霧休止相次ぐ 厚労省「濃度次第で有害」

  3. 全長18.5メートルの巨大クジラ漂着 死因不明 福井・美浜町の海岸

  4. Social Good Opinion 廃棄される花にもう一度命を

  5. やっぱり新型コロナ危険因子だった喫煙、肥満 「足の赤いあざ」が示す感染の疑い

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです