メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

社会人最後の投球は「力みが出た」 西武ドラ2でプロへ旅立つ三菱日立パワーシステムズ・浜屋

【三菱日立パワーシステムズ-日本製鉄鹿島】力投する三菱日立パワーシステムズの先発・浜屋=京セラドーム大阪で2019年11月2日、北村隆夫撮影

 七回途中で降板した三菱日立パワーシステムズの先発・浜屋は「力みが出てしまった」と反省しきりだった。7回無失点と好投した1回戦から中2日。疲れを素直に認めながらも「この1年で安定した」というフォークが有効で、六回まで無失点。ただ、均衡した状態が続くほど「打たれたくない」という気持ちが強くなり、七回に…

この記事は有料記事です。

残り145文字(全文295文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「本能寺の変 原因説総選挙」 50説から選ばれたトップは、やはり…

  2. 学校、公共施設で次亜塩素酸水の噴霧休止相次ぐ 厚労省「濃度次第で有害」

  3. 特集ワイド 走れ銚電 コロナ撃退、自虐パワー

  4. 新型コロナ 夜空に祈る大輪、サプライズ花火 全国一斉、県内でも /群馬

  5. ブルーインパルス飛行「プロセスはどうでもいい」 経緯明かさぬ河野防衛相に疑問の声

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです