メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

社会人野球日本選手権

県勢3チーム姿消す 三菱日立も敗退 打撃など来季へ課題浮かぶ /神奈川

【三菱日立パワーシステムズ-日本製鉄鹿島】一回表三菱日立パワーシステムズ1死、矢野が中前打を放つ=京セラドーム大阪で2日、久保玲撮影

 大阪市の京セラドーム大阪で開かれている第45回社会人野球日本選手権大会(毎日新聞社、日本野球連盟主催)は、三菱日立パワーシステムズが2日の準々決勝で日本製鉄鹿島(茨城)に0―3で敗れ、県勢3チームが姿を消した。都市対抗野球大会を含め、来シーズンの上位進出に向けて各チームの課題が見えた大会だった。

 三菱日立は浜屋将太投手(西武ドラフト2位)が1回戦の日本新薬(京都)戦、準々決勝の日本製鉄鹿島戦で好投するなど、投手陣は3試合とも力を発揮した。一方、打線は2回戦のトヨタ自動車(愛知)戦、日本製鉄鹿島戦とも好機を作りながら相手投手をなかなか攻略できなかった。

 日本製鉄鹿島戦は0対0の重苦しい展開の中、七回に浜屋投手の制球が乱れてピンチを作り、後を継いだ本多…

この記事は有料記事です。

残り555文字(全文884文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 2番組が広告放送の疑い BPO審議入り

  2. 上皇后さま体調不良続く 精神的なストレスが原因と宮内庁

  3. 脇につるす拳銃ホルスター型かばん 目の不自由な男性発案、刑事ドラマをヒントに

  4. JR茨木駅で男性転落、右足一部切断の重傷 約3万人に影響

  5. 希望者は桜を見る会出席 前日に地方議員研修会 昨年4月「私物化」浮き彫りに

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです