メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大阪ガスが悲願の初優勝 日本生命降す 社会人野球日本選手権

【大阪ガス-日本生命】優勝し喜ぶ大阪ガスの選手たち=京セラドーム大阪で2019年11月4日、小松雄介撮影

 社会人野球の単独チーム日本一を決める第45回日本選手権大会(毎日新聞社、日本野球連盟主催、大阪市共催)は最終日の4日、大阪市の京セラドーム大阪で決勝があり、大阪ガス(大阪)が日本生命(大阪)を4―1で破り、4回目の決勝進出で悲願の初優勝を飾った。

 大阪ガスは二回、松谷、宮崎の連続適時打で2点を先取。三回に土井の犠飛、六回には大谷が適時打と着実に得点を重ねた。

 日本生命は四回、皆川が適時打を放ち1点を返したものの、五回に作った満塁の好機を逃すなどあと1本に泣…

この記事は有料記事です。

残り422文字(全文653文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 羽生、プレゼントは「燃える悔しさ」 25歳誕生日、チェンと高次元の戦い

  2. 嵐のコンサート「開場前見たかった」ヤフオクドームに侵入容疑で男逮捕

  3. 羽生2位、5度目のV逃す チェンが世界最高で3連覇 GPファイナル男子

  4. 三菱電機社員が自殺、上司を自殺教唆容疑で書類送検 兵庫・三田

  5. スコアシートから読み解く羽生とチェンの差 フリーでは4回転ルッツ挑戦か

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです