メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大阪ガスが悲願の初優勝 日本生命降す 社会人野球日本選手権

【大阪ガス-日本生命】優勝し喜ぶ大阪ガスの選手たち=京セラドーム大阪で2019年11月4日、小松雄介撮影

 社会人野球の単独チーム日本一を決める第45回日本選手権大会(毎日新聞社、日本野球連盟主催、大阪市共催)は最終日の4日、大阪市の京セラドーム大阪で決勝があり、大阪ガス(大阪)が日本生命(大阪)を4―1で破り、4回目の決勝進出で悲願の初優勝を飾った。

 大阪ガスは二回、松谷、宮崎の連続適時打で2点を先取。三回に土井の犠飛、六回には大谷が適時打と着実に得点を重ねた。

 日本生命は四回、皆川が適時打を放ち1点を返したものの、五回に作った満塁の好機を逃すなどあと1本に泣いた。

この記事は有料記事です。

残り419文字(全文653文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 元TOKIO山口達也容疑者を現行犯逮捕 酒気帯びでバイク運転の疑い

  2. 安倍氏が支援した育鵬社教科書の採択が激減した理由 菅首相は…

  3. 安倍政権が残したもの 解散総選挙乱発 「内交」になった外遊 姜尚中さん「支持率のための外交ショー」

  4. 菅首相は「地方に優しくない」 潜む新自由主義と翼賛の危機 「左遷」された元官僚が伝えたいこと

  5. ネグレクト、「親分の子」、そして薬物…高知東生さんが打ち明けた壮絶な生い立ち

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです