メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

果敢に「攻めの盗塁」ズバリ 大阪ガス・土井が頂点への疾走 日本選手権決勝

【大阪ガス-日本生命】二回表大阪ガス無死一塁、打者・古川の時、一塁走者・土井が二盗成功(野手・伊藤ヴ)=京セラドーム大阪で2019年11月4日、川平愛撮影

社会人野球日本選手権 ▽決勝 ○大阪ガス4―1日本生命●=4日・京セラドーム大阪

 大阪ガスの土井が確信を持って一塁から駆けだした。大きな体を揺らし、二塁に滑り込む。送球はベース手前でバウンドし、セーフ。頂点への疾走だった。

 互いに無得点の二回。先頭の4番・土井は四球で出塁した。準決勝まで無安打。「安打でなくてもいい。塁に出ることが大事」と、2球で追い込まれてから際どい球を見極めた。そして続く古川の5球目、自らの判断でスタートを切った。「カウントは2―2。絶対に変化球を投げる」。6番・花本の右前打で三…

この記事は有料記事です。

残り380文字(全文632文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 嵐のコンサート「開場前見たかった」ヤフオクドームに侵入容疑で男逮捕

  2. 2位の羽生「めちゃ悔しい 今に見ておけ」 GPファイナル男子

  3. 羽生2位、5度目のV逃す チェンが世界最高で3連覇 GPファイナル男子

  4. 三菱電機社員が自殺、上司を自殺教唆容疑で書類送検 兵庫・三田

  5. 羽生、プレゼントは「燃える悔しさ」 25歳誕生日、チェンと高次元の戦い

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです