メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

日本生命のベテラン藤井投手、決勝は出番なし 後輩の成長見つめ、自ら壁に 日本選手権

【大阪ガス-日本生命】試合前、笑顔を見せる日本生命の藤井貴之投手=京セラドーム大阪で2019年11月4日、久保玲撮影

社会人野球日本選手権 ▽決勝 ○大阪ガス4―1日本生命●=4日・京セラドーム大阪

 第45回社会人野球日本選手権大会は4日、大阪ガス(大阪)の初優勝で幕を閉じた。敗れた日本生命(同)のベテラン右腕・藤井貴之投手(31)は試合終了後、無表情のままベンチの一番前に座っていた。グラウンドには歓喜する大ガスナインの姿。「見せつけられた」。悔しさをかみ殺した。

 2015年の都市対抗では橋戸賞(最優秀選手賞)を受賞。昨年の都市対抗でも三菱重工神戸・高砂(兵庫)の補強選手として準優勝に大きく貢献した。今大会は自身より若い投手の登板機会が増え、準々決勝まで投げたのはわずか1回3分の1だった。

この記事は有料記事です。

残り384文字(全文674文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「感染を制御できない」 専門家に強い危機感 会合後に漏れた本音

  2. 乱交パーティー数十回主催 福岡県警職員を懲戒免職、売春防止法違反で起訴

  3. アイスダンス転向の高橋 まさかのミス「これが試合」 フィギュアNHK杯

  4. 収入減世帯の無利子融資 4割が延長 感染拡大で困窮、再延長求める声も

  5. 高橋大輔3位 アイスダンス転向後初の公式戦 フィギュアスケートNHK杯

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです