メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「投高打低」に歯止め Vの大阪ガスは機動力群抜く 社会人野球日本選手権

【大阪ガス-日本生命】優勝を決め、橋口監督(中央)を胴上げする大阪ガスの選手たち=京セラドーム大阪で2019年11月4日、久保玲撮影

 第45回社会人野球日本選手権は大阪ガス(大阪)の初優勝で4日に閉幕した。総本塁打数16は前回大会より3本増加。前回なかったチーム打率3割超は準優勝の日本生命(大阪)など7チームあり、出場32チームの平均打率は2割3分7厘で、4大会ぶりに2割3分台に乗せた。「投高打低」傾向に一定の歯止めがかかった。

 大阪ガスは機動力が群を抜いていた。15盗塁は2位の8盗塁の日本生命の倍近くあり、第24回大会(1997年)の住友金属の16に次ぐ。チーム最多4盗塁の7番・大谷ら7人が盗塁を決め、変化球の時に走る配球の読みが光った。24四死球も出場チーム中トップ。チーム打率2割4分7厘は日本生命より6分以上低いが、選球眼の良さと粘りで補った。サヨナラ勝…

この記事は有料記事です。

残り479文字(全文798文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. アイスダンス転向の高橋 まさかのミス「これが試合」 フィギュアNHK杯

  2. 乱交パーティー数十回主催 福岡県警職員を懲戒免職、売春防止法違反で起訴

  3. 「感染を制御できない」 専門家に強い危機感 会合後に漏れた本音

  4. 中日・京田選手が急逝した後輩の「背番号6」 NTT西の試合観戦 都市対抗

  5. NTT西のベンチに背番号6のユニホーム 亡きチームメートに誓った勝利 都市対抗

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです