メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

県社会人野球 ベストナイン決まる 9人初選出 /秋田

 JABA県野球連盟(保坂兼也会長)は5日、今季の県社会人野球ベストナインを選んだ。指名打者(DH)を含む10人のうち9人が初選出となった。23日に秋田市で表彰式が開かれる。

 連盟役員らが、県内公式戦のさまざまなデータを確認しながら選考。投手は2試合15回を投げ自責点0の小木田敦也選手(TDK)、捕手は打撃、守備の両面で活躍した菊地貫太朗選手(ゴールデンリバース)が受賞した。外野手では高橋翔平選手(秋田王冠クラブ)が3年連続3回目の選出となった。

 新人賞は佐藤開陸投手(TDK)と安保拓夢選手(秋田GLANZ)が獲得。全日本クラブ野球選手権に4年…

この記事は有料記事です。

残り391文字(全文666文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. あんこう祭14万人 大洗・ガルパンイベントも盛況

  2. 伊藤「いい試合できた」今季4度目の決勝進出で初勝利 元世界1位倒す

  3. 待ち伏せの可能性 新潟女性殺害 執拗に深い刺し傷 強い殺意か 県警

  4. 東京五輪招致 9億円の文書が行方不明の奇怪

  5. 風知草 観桜会の論じ方について=山田孝男

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです