メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

社会人野球日本選手権

4強の道、振り返る 日本製鉄鹿島「鉄の結束力」 投手陣、苦境救う 主力欠くも若手が躍進 /茨城

2回戦で完投した日本製鉄鹿島の能間隆彰投手=大阪市西区の京セラドーム大阪で1日、山田尚弘撮影

 今月4日に閉幕した第45回社会人野球日本選手権大会(毎日新聞社、日本野球連盟主催)で、県勢の日本製鉄鹿島は2大会連続のベスト4進出を果たした。主力選手をけがで欠くなか、チームワークで苦境を乗り越えた戦いぶりを振り返る。【川崎健】

欠場選手「一緒に戦う」

 大会開幕を数日後に控えた先月下旬。鹿島打線の中軸を担う堀越匠外野手(31)が練習中に負傷した。直前まで社会人日本代表として、台湾に遠征していた疲労が影響したという。足の肉離れと脇腹痛で、大会での出場機会はなかった。大会1回戦でも、守備の要である佐藤竜一郎遊撃手(26)が七回の打席で、強振した際に右手を骨折してしまった。

 この苦境を投手陣が救った。大会を通じたチーム防御率は1・18を記録。1回戦は、ベテラン右腕の玉置隆…

この記事は有料記事です。

残り635文字(全文972文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. あんこう祭14万人 大洗・ガルパンイベントも盛況

  2. 伊藤「いい試合できた」今季4度目の決勝進出で初勝利 元世界1位倒す

  3. 待ち伏せの可能性 新潟女性殺害 執拗に深い刺し傷 強い殺意か 県警

  4. 東京五輪招致 9億円の文書が行方不明の奇怪

  5. 風知草 観桜会の論じ方について=山田孝男

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです