メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

東海アスリート群像

立野和明投手(21)=東海理化 /愛知

立野和明投手

日本ハム2位指名 球界代表する投手に

 先月のプロ野球新人選択(ドラフト)会議で日本ハムから2位指名され、今月8日、仮契約を結んだ。最速152キロの快速右腕は「ここからが再スタート」と気を引き締める。

 豊山町出身で、小学1年から野球を始めた。中部大第一高時代には141キロを投げ、プロ野球チームからの打診もあったが、指名は下位か育成ドラフトの可能性が高かった。「指名解禁までの3年間、頑張って上位で」とプロ志望届を出さず、社会人野球の東海理化に入った。

 入社当初は線が細かったが筋力トレーニングなどに力を入れて10キロ以上体重を増やし、狙い通りに球速も10キロ以上アップした。2018年の日本選手権では室蘭シャークス戦で延長十二回を投げ抜き、チームに全国大会初勝利をもたらした。アピールポイントはやはり速球だ。打者の手元で浮き上がるような速球に自信を持ち、「三振を取れる投手になりたい」と将来像を思い描く。

この記事は有料記事です。

残り283文字(全文685文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東京オリンピック開催判断「期限は5月下旬」IOC委員 新型コロナ感染拡大で

  2. 海からイノシシ、窒息死させて返り討ち 長崎の50代男性に警察官もビックリ

  3. 強い感染力、基礎疾患で重症化…新型コロナの「非常にやっかい」な特性 政府の課題は

  4. 新型コロナ対応「先手先手だと思いますよ。しっかりやっている」 菅官房長官会見詳報

  5. 新型コロナの影響で旅館が経営破綻 愛知の「冨士見荘」が破産申請 キャンセル相次ぐ

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです