メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

月刊アマ野球

社会人野球・監督考 「ワンファミリー」目指す スバル監督・冨村優希氏(41)

 ――丸2年、監督を務めた阿部次男氏の後任として7月にヘッドコーチから昇格した。

 ◆今年は都市対抗と日本選手権の本大会出場を逃し、野球を愛してくれている群馬県太田市民の方々にも「今年は応援できなくて暇だったよ」と言われてしまった。練習して強くなるしかない。ヘッドコーチとして接してきたが、これまでの練習にはメリハリがなかったと反省している。試合前に不安になって居残り練習を慌ててやっても仕方がない。腹をくくって全体練習を盛り上げ、休む時は休む姿勢を徹底したい。

 ――7月の都市対抗で日立市・日立製作所は4強入りし、日本製鉄鹿島も今秋の日本選手権4強。同じ北関東…

この記事は有料記事です。

残り861文字(全文1141文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 立憲、ジャパンライフ会長と首相「35年来の知人だった可能性」指摘

  2. 岐阜・中3転落死「主因は前日のいじめ」 トイレで便器に頭入れる姿勢とらせる 第三者委が認定

  3. 準強制わいせつ容疑 エヴァ制作「ガイナックス」社長を逮捕 警視庁

  4. 大阪・梅田の地下街に日本酒が出る蛇口、おちょこ1杯200円 新潟のアンテナショップ

  5. 神戸市立小教諭いじめ「連帯責任」 小中高校長ら320人ボーナス増額見送り

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです