メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

日本製鉄かずさマジック・新監督にOBの渡辺俊介コーチ 「地をはう下手投げ」ロッテでも活躍

新監督就任が決まった渡辺俊介氏(中央)=千葉県君津市のハミルトンホテルで2019年12月2日午後7時40分、秋丸生帆撮影

[PR]

 社会人野球の日本製鉄かずさマジック(千葉県君津市)は2日、投手兼コーチを務める元プロ野球・ロッテの渡辺俊介氏(43)が来年1月1日付で監督に就任すると発表した。2日に同市内で記者会見した渡辺氏は「目標は都市対抗野球、日本選手権での頂点」と意気込んだ。

 渡辺氏はかずさマジックの前身・新日鉄君津の出身で、2015年に古巣に復帰した。渡辺氏は「野球人としての勝ち運を見込んで就任を打診された。(勝ち運は)私一人の力では成し遂げられない。選手、応援してくれる全ての人の力を借りたい」と力強く語った。

 栃木県出身。新日鉄君津時代の00年、都市対抗でチーム初の4強の原動力となり、ドラフト4位で01年にロッテ入り。独特の下手投げで、13年間で87勝を挙げた。06、09年のワールド・ベースボール・クラシック(WBC)連覇にも貢献した。【秋丸生帆】

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「桜を見る会」で首相擁護 お膝元の下関市長に全国から批判続々

  2. 北海道宗谷地方北部で震度5弱 津波の心配なし

  3. 新潟女児殺害 小林被告に無期懲役 地裁判決

  4. 75歳以上「2割」22年度から 医療費負担、低所得者は1割維持

  5. グレタさん「政府に希望はないが、私たちは変化を起こせる」 COP25で演説

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです