メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

社会人野球表彰式 「社会人やっぱり面白い」

社会人野球表彰を受けた選手ら=丸山博撮影

 日本野球連盟(JABA)の2019年度社会人野球表彰(毎日新聞社、スポーツニッポン新聞社共催)の表彰式が11日、東京都内で行われ、プロ野球DeNAから今季復帰し、最多勝利投手とベストナインを獲得した須田幸太投手(JFE東日本)ら12人に記念盾などが贈られた。

 JABAの清野智会長は「新たな年も受賞を目指してほしい」とあいさつ。都市対抗最優秀選手の橋戸賞に続く受賞に、須田は「トーナメントの厳しさを思い出し、社会人野球はやはり面白いと感じた1年だった」と喜びを口にした。

 ベストナインと最多本塁打、最多打点の「3冠」に輝いた沓掛祥和一塁手(トヨタ自動車)は、アジアウインターリーグ(台湾)にJABA選抜の一員として参加中のため欠席。「また活躍をして、社会人野球界を盛り上げたい」とのコメントを発表した。【岩壁峻】

この記事は有料記事です。

残り266文字(全文623文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東京都内で新たに500人の感染確認 重症者は3人減の59人

  2. 香港の周庭氏に禁錮10月、初の実刑 黄氏は13月半 昨年警察包囲デモ

  3. 特集ワイド 国民・山尾議員、一躍「党の顔」 「永田町の常識」と決別、新たな野党像模索

  4. 「山を一つ動かしたかな」桜を見る会問題追及、田村智子参院議員に聞く

  5. セガサミーがホンダを逆転 小野田、根岸が連続アーチ 都市対抗

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです