メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

月刊アマ野球

社会人野球・監督考 誰にもチャンスは巡る 西濃運輸監督・林教雄氏(69)

 ――9月に監督に復帰し、2カ月間、秋季練習で指導した。

 ◆毎日、同じメニューの全体練習を繰り返した。選手が「自分のやれることはすべてやった」と思える状態で試合に臨めるようになるには、根気と忍耐力が必要だ。それを身につけようとあえて同じ練習にした。ノックやフリー打撃、走り込みといった普通のメニュー。全体練習後の自主練習は選手一人一人に任せ、野球に必要な考える力をつけてもらおうと考えた。

 ――69歳で通算5度目の監督就任をどう感じるか。

この記事は有料記事です。

残り872文字(全文1091文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 安倍首相、学校再開は見直す可能性 経済対策「かつてない規模」、給付金創設

  2. 感染者の確認ない鳥取・島根 外出自粛の都市部から観光客も 新型コロナ

  3. ファクトチェック 新型コロナ「五輪延期後に検査急増」は本当か 「感染隠蔽」説を検証すると…

  4. 専門家、新型コロナ「第2波」懸念 「中国と比べものにならない感染者が日本に」

  5. 千葉・東庄の障害者施設 58人の集団感染 利用者26人、職員32人

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです