メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

月刊アマ野球

社会人野球・監督考 自主性重視し改革へ 日本製鉄かずさマジック監督・渡辺俊介氏(43)

日本製鉄かずさマジックの渡辺俊介監督=千葉県君津市の日本製鉄君津球場で2020年1月8日午前11時37分、岩壁峻撮影

 ――1月1日付で正式に監督に就任した。

 ◆前任の鈴木秀範監督から打診を受けたのは、2019年秋。それまで監督になることは頭になかった。ただ、現役時代も一緒にプレーし、再びこのチームに誘ってくれた鈴木監督に「自分の思いを引き継いでほしい」と言われ、やるしかないと思った。背番号31も受け継いでいる。当初は不安だったが、すべてに目が行き届いていた鈴木監督と同じようなことはできないと割り切るようにした。選手、スタッフには「一緒にチームを強くしよう」というスタンスでいる。投手や打撃だけでなく、守備、作戦とコーチの分業化を進めた。

この記事は有料記事です。

残り900文字(全文1163文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 原英莉花が優勝 国内メジャー2連勝 女子ゴルフツアーリコー杯

  2. 「菅語」を考える 論理的でない受け答え「首相の器ではない」 上西充子法政大教授

  3. 「これからもよい化学反応を」 高橋大輔の言葉で紡ぐフィギュアNHK杯

  4. 乱交パーティー数十回主催 福岡県警職員を懲戒免職、売春防止法違反で起訴

  5. #排除する政治~学術会議問題を考える 新しい形態の学問弾圧「菅首相は歴史に名前が刻まれる」 木本忠昭・日本科学史学会会長

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです