メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

社会人野球 日本製鉄大分、会社チームへ 24年ぶり、クラブチームから 登録変更、JABA承認 /大分

日本製鉄大分の清原監督

 社会人野球でクラブチーム登録だった日本製鉄大分(大分市)が今季から、統括団体・日本野球連盟(JABA)に会社チームへの登録種別の変更を申請し、認められた。旧新日鉄大分の1996年の休部以来、会社チームへの復活は24年ぶり。【近藤勇美】

 新日鉄大分は1972年創部。都市対抗本大会に5回、日本選手権本大会に2回出場した強豪。新日鉄(当時)のスポーツ支援方針の見直しにより北九州市の古豪・新日鉄八幡は廃部(2003年)したが国内の各製鉄所のチームは一部を除いてクラブ化して存続した。大分はクラブ登録の市民球団「大分硬式野球倶楽部(愛称・大分ハーキュリーズ)」として再出発したが、2003年に廃部。04年にクラブ「新日鉄大分硬式野球同好会」としてJABAに再登録した。

 その後「新日鉄大分ベースボールクラブ」(08年~)▽「新日鉄住金大分クラブ」(12年~)▽「新日鉄住金大分」(14年~)▽「日本製鉄大分」(昨年~)とチーム名は変遷。全日本クラブ選手権大会には九州地区代表で4回、出場しており11年の第36回では準優勝している。近年は都市対抗・日本選手権の九州地区予選に挑戦。昨年は、第90回都市対抗九州地区予選(熊本)で第3代表決定トーナメントに進む健闘を見せ、九…

この記事は有料記事です。

残り300文字(全文832文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 石川県知事、外出自粛の東京都民に観光アピール 地元は困惑

  2. NHK、大河と朝ドラの収録を一時休止 撮影現場で安全対策限界

  3. 特集ワイド 政府・与野党連絡協議会の次は 国難コロナで大連立機運? 対応専念で一時休戦/森友など覆い隠される

  4. 一律の現金給付断念 自民が提言案まとめ 「所得減で生活支障の世帯・個人」対象

  5. 例外いろいろ「屋内禁煙」 罰則も効き目は未知数 改正健康増進法全面施行

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです