メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ぼやきに目からうろこ 運動記者が見た「野球人・野村克也」 野球界からは惜しむ声

2017年12月、妻沙知代さんの死に際し、長男の団野村さんに支えられながら応対する野村さん=東京・世田谷区の自宅で

 プロ野球で戦後初の3冠王など数々の打撃タイトルを獲得する一方で、名捕手として活躍し、ヤクルト監督としても3度の日本一に輝いた野村克也さんが11日、84歳で亡くなった。プロ野球だけでなく、社会人野球の最高峰、都市対抗大会でも監督として準優勝するなど野球界の発展に大きく貢献した「野球人」の死に、関係者からは惜しむ声が上がった。

 野村さんが、社会人野球・シダックス(東京都調布市、廃部)監督に就任したのは、阪神監督を辞任してから2年後の2003年シーズンから楽天監督に就任が決まる05年までの3期だった。ヤクルトをセ・リーグ優勝に4度導いた「ID野球」はすぐに効果を発揮し、1期目の03年都市対抗で決勝まで勝ち進んだ。「頂上対決」の相手は三菱ふそう川崎(川崎市、廃部)。当時このチームの捕手だった、文星芸大付高野球部監督の高根沢…

この記事は有料記事です。

残り1316文字(全文1679文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 医療従事者153人の感染判明 院内感染も発生 医療崩壊の懸念 新型コロナ

  2. 横浜の「コロナファイター」卵 研修医2人感染 3月下旬に連日同期会やカラオケ

  3. ORICON NEWS 本田翼、外出する若者に「がくぜんとした」 新型コロナ感染拡大防止に訴え

  4. 愛知県警でクラスター発生 警察官や親族など計21人感染

  5. 児童手当受給世帯、子供1人につき1万円支給へ 政府コロナ緊急経済対策

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです