メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

富山から世界へ 大リーグとマイナー契約・黒部出身、冨岡選手 古里の社会人野球選手らエール /富山

母校・県立桜井高のグラウンドでメジャーへの夢を語る冨岡聖平投手=黒部市三日市で、青山郁子撮影

 米大リーグ・アスレチックスとマイナー契約を結んだ黒部市出身の冨岡聖平投手(23)は社会人野球のバイタルネット(新潟市)に2019年12月まで2年間所属した。しかし、故障などもあって、公式戦の成績は通算わずか1勝と、北信越地区でも無名に近い存在だった。それでもあきらめず夢に向かって歩き出した「富山のショウヘイ」に古里の社会人選手らはエールを送る。【青山郁子】

この記事は有料記事です。

残り987文字(全文1167文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. クルーズ船内待機 米、感染急増で"評価見直し" チャーター機16日到着 新型肺炎

  2. 低体温症などで42人救急搬送 1人が意識不明 熊本城マラソン、降雨影響

  3. 名古屋市、感染確認夫婦利用の電車など公表 「夫から感染」の可能性

  4. 都内の40代男性会社員、新型肺炎重症化 発熱後の2月10日に新幹線で愛知県に出張

  5. 飼い主を待つ柴犬、買い物客に人気 写真撮影にもおとなしく

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです