メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

三菱重工グループ野球部、MHPSと神戸・高砂の2拠点体制に 21年シーズンから

2018年の社会人野球日本選手権で初優勝し、マウンド上で喜び合う三菱重工名古屋の選手たち=京セラドーム大阪で2018年11月12日、幾島健太郎撮影

[PR]

 三菱重工業は19日、社会人野球の三菱日立パワーシステムズ(MHPS、横浜市)、三菱重工名古屋(名古屋市)、三菱重工神戸・高砂(神戸市・高砂市)、三菱重工広島(広島市)の4チームを2021年シーズンから2チームに再編すると発表した。チーム強化の一環で、新チームは横浜市と神戸市・兵庫県高砂市を拠点にする。名称は未定。

 三菱重工によると、野球部の大幅な規模縮小は考えておらず、統合対象の名古屋と広島については、選手の希望を聞いた上で新チームに所属させる。現在、各チームは事業所単位で運営しているが、21年シーズンから、ラグビー・トップリーグの三菱重工相模原(相模原市)、MHPSマラソン部(長崎市)とともに、運営は本社の「企業スポーツ推進センター」に一本化される。ラグビーとマラソンの体制に大きな変更はないという。

 三菱重工名古屋は1953年創部。都市対抗には26回出場し、61年に準優勝。日本選手権では18年に9回目の出場で初優勝した。46年創部の三菱重工広島は都市対抗に16回出場し、79年の第50回大会で初出場優勝した。

 三菱重工の野球部を巡っては、三菱重工長崎(長崎市)が17年1月に三菱日立パワーシステムズに統合され、休部になった。【岩壁峻】

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 優香、志村けんさん追悼 コント番組で長年共演「とてもとても悲しいです」[コメント全文]

  2. たばこを吸っていると新型コロナで重症化しやすいのは本当か 専門家が警告する

  3. 国内感染、新たに71人 新型コロナ、富山で初確認 志村けんさんら4人死亡

  4. 日本人133人がペルー出国 菅氏、チャーター利用認めた台湾に「深い謝意」

  5. ORICON NEWS 加藤茶、仲本工事、高木ブー、志村けんさん追悼「非常に悔しいです」「早すぎるよ」[コメント全文]

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです