メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

月刊アマ野球

社会人野球・監督考 復帰1年目から勝負 JX-ENEOS監督・大久保秀昭氏(50)

 ――母校の慶大から6シーズンぶりに監督に復帰した。

 ◆慶大の指導では、我慢強さを学んだ。大学のチームは技術のある選手の集まりではない。プロを目指す選手だけでなく、卒業後は就職する学生もいる。部員が常時200人いる大所帯。レベルの差があるので、対話を重視した。日々のプレーを見ながら怒ったり励ましたりしていく中で、人間的な成長を見届けられる喜びがあった。社会人に戻ってからも意思疎通の方法をより考えるようになった。就任して3カ月たった今は観察の時期。2016年から都市対抗本大会出場を逃している選手には厳しい注文をつけている。心底変わろうとしているのか、見極めたい。

 ――史上初の都市対抗通算100勝にあと1勝に迫っている。

この記事は有料記事です。

残り891文字(全文1203文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 『きかんしゃトーマス』日本から来た新キャラ“ケンジ”登場 劇場版新作、21年春公開

  2. 囲碁は「国技」、日本棋院が定款変更 「伝統文化」内外に発信狙う

  3. 複数選手が脱水症状 プリンセス駅伝でアクシデントが相次ぐ理由とは

  4. ORICON NEWS 『鬼滅の刃』もはや“日本経済の柱”と話題 映画は歴代1位発進、東宝株価が高値更新…企業コラボも恩恵続々

  5. 菅首相は「反知性主義」なのか 任命拒否問題で神学者・森本あんりさんが抱く違和感

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです