メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

東海アスリート群像

栗林良吏投手(23)=トヨタ自動車 /愛知

トヨタ自動車の栗林良吏投手

 社会人野球のトヨタ自動車に入社して2年目を迎えた右腕。名城大から加入した昨季は新人ながら先発に多く起用され、今季も期待がかかる。「軸として回りたい」とフル回転を誓う。

 昨季は「自分が勝たせる」との思いが強かった大学時代と違い、ペース配分を考えずに打者一人一人、一球一球を大事にすることを学んだ。実力のある先輩投手たちが控えるからこそだが、日本選手権の1回戦ではマツゲン箕島(和歌山)を1―0で完封勝利。全力を出しながら1人で投げ切るスタミナも身につけた。

 2019年11~12月には、台湾であったアジアウインターベースボールの日本野球連盟(JABA)選抜に招集された。普段とは違う抑え投手を任され、150キロ超の速球を武器に1勝4セーブ。日本、韓国、台湾のプロ選抜を破っての初優勝に貢献した。いつ出番が来るかも決まっておらず、勝敗に直結する厳しい役割だったが、「緊張感の中、投げることができ、いい経験になった」と収穫を語る。

この記事は有料記事です。

残り343文字(全文756文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 佐々木国交政務官、感染学生「どこに入社するのかな」とツイート

  2. 横浜の「コロナファイター」卵 研修医2人感染 3月下旬に連日同期会やカラオケ

  3. 時の在りか 国家でコロナに勝てるか=伊藤智永

  4. 佐々木国交政務官「国のせいにしないで」 新型コロナ拡大巡るツイートに批判の声

  5. 厚労省支援金、AVはOKでもストリッパーはNG? 女優「みんながもらえるようにして」

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです