メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「今、僕たちにできること」 社会人野球有志が動画で連帯呼びかけ

動画「今、僕たちにできること」を発案し、自ら出演しているJFE東日本の須田幸太投手=日本野球連盟公式サポーター提供

 新型コロナウイルスの感染が拡大する中、社会人野球の有志がキャッチボールなどの映像をつないで連帯を呼び掛けている。動画のタイトルは「今、僕たちにできること」。強豪企業チームの主力だけでなく、地方のクラブチームの選手も参加し、ソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)上で話題になっている。【大矢伸一】

 社会人野球は、新型コロナウイルスの影響で7月の日本選手権、5月の全日本クラブ選手権が中止になった。当初4~5月に予定されていた青森、岩手、埼玉の都市対抗1次予選も延期。4月中は対外試合の自粛を余儀なくされている。

この記事は有料記事です。

残り902文字(全文1162文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 国内の感染者、4万人超える 東京で新たに258人 大都市中心に拡大続く

  2. ORICON NEWS 香取慎吾「こんなにテレビ出れないか」独立から3年のホンネ 草なぎの大河出演にガッツポーズ

  3. “アベノマスク”大きくなった? 記者の質問に首相は…

  4. 時の在りか 「もう菅政権になっている」=伊藤智永

  5. 療養ホテル確保数「ゼロ」の沖縄に不快感 菅氏「何回となく促した」

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです