メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

社会人野球 JABA足利市長杯 全足利ク2年ぶりV 先発中田が力投 /栃木

【全足利ク-エイジェック】三回表全足利ク1死一、三塁で岩崎昂が犠飛を放ち、三走・倉沢が生還=栃木県足利市田所町の市総合運動場硬式野球場で

 社会人野球の第61回JABA足利市長杯(毎日新聞宇都宮支局など後援)は19日、足利市田所町の市総合運動場硬式野球場で、決勝と準決勝2試合が行われた。県勢同士の対戦となった決勝では、全足利クラブが先発中田智暁投手の力投でエイジェックを退け、2年ぶり10回目の優勝を決めた。

 準決勝では、全足利クは茨城トヨペット(茨城)に打ち勝った。エイジェックは前年王者のオールフロンティア(埼玉)を退け、初の決勝進出を果たした。

 最優秀選手賞(MVP)は全足利クの中田投手、敢闘賞はエイジェックの高沼拓海投手が受賞。首位打者賞はエイジェックの楢原一帆選手が獲得した。

この記事は有料記事です。

残り621文字(全文897文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 療養ホテル、沖縄は1カ月半「ゼロ」 菅氏が批判、知事は「予想より早く感染者増えた」

  2. ペットの犬が新型コロナ陽性 国内初、別世帯の2匹 健康状態に異常なし

  3. 療養ホテル確保数「ゼロ」の沖縄に不快感 菅氏「何回となく促した」

  4. “アベノマスク”大きくなった? 記者の質問に首相は…

  5. ORICON NEWS 香取慎吾「こんなにテレビ出れないか」独立から3年のホンネ 草なぎの大河出演にガッツポーズ

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです