メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

社会人野球 永和商事、ウイング休部へ 「一球一球大切に」 最後の都市対抗に全力 /三重

休部を報告をする永和商事ウイングの岩本昌男部長(左)と西正文監督=名古屋市中村区の毎日新聞中部本社で、三輪哲也撮影

 社会人野球チーム「永和商事ウイング」(四日市市)が硬式野球部の休部を決めたのは、新型コロナウイルスの感染拡大が遊技業界への強い逆風になっており、経営立て直しが急務のためだ。チームは11月に開幕予定の都市対抗野球大会への出場を目指しており、「今シーズンいっぱい、しっかり戦おう」と話し合っているという。【谷口豪】

 東海地方を中心にパチンコ店を展開する永和商事は2011年に野球部を創部。14年に都市対抗に初出場。15年には都市対抗と日本選手権の両大会の出場を果たし、日本選手権では1回戦でTDK(東北・秋田)を降し、念願の「全国大会1勝」を果たした。地元の少年チームを招いた野球教室開催など、地域貢献にも力を入れた。

この記事は有料記事です。

残り479文字(全文787文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 療養ホテル、沖縄は1カ月半「ゼロ」 菅氏が批判、知事は「予想より早く感染者増えた」

  2. ペットの犬が新型コロナ陽性 国内初、別世帯の2匹 健康状態に異常なし

  3. 療養ホテル確保数「ゼロ」の沖縄に不快感 菅氏「何回となく促した」

  4. “アベノマスク”大きくなった? 記者の質問に首相は…

  5. ORICON NEWS 香取慎吾「こんなにテレビ出れないか」独立から3年のホンネ 草なぎの大河出演にガッツポーズ

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです