メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

JABA県野球連盟会長杯 三菱自岡崎がV 東海理化降す /愛知

 社会人野球の第18回JABA県野球連盟会長杯争奪野球大会(毎日新聞社など後援)は30日、名古屋市港区の東邦ガス空見球場で準決勝と決勝を行った。決勝は三菱自動車岡崎が東海理化に競り勝ち、7大会ぶり2回目の優勝を飾った。三菱自動車岡崎は二回、1死一塁で堂の2点本塁打で逆転し、その後3点を加え逃げ切った。

 最優秀選手賞は山田投手(三菱自動車岡崎)、敢闘賞には長田投手(東海理化)が選ばれ、10打数5安打の5割をマークした堂内野手(三菱自動車岡崎)が首位打者賞を獲得した。【江島裕貴】

この記事は有料記事です。

残り312文字(全文552文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 療養ホテル、沖縄は1カ月半「ゼロ」 菅氏が批判、知事は「予想より早く感染者増えた」

  2. ペットの犬が新型コロナ陽性 国内初、別世帯の2匹 健康状態に異常なし

  3. 療養ホテル確保数「ゼロ」の沖縄に不快感 菅氏「何回となく促した」

  4. “アベノマスク”大きくなった? 記者の質問に首相は…

  5. ORICON NEWS 香取慎吾「こんなにテレビ出れないか」独立から3年のホンネ 草なぎの大河出演にガッツポーズ

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです