メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

第91回都市対抗野球

城崎温泉・NOMOベースボールクラブ 地元のために勝利を コロナ禍を成長の契機に /兵庫

アルバイト先の旅館「山本屋」で食器洗いをする津田瑞樹選手。野球に専念できる環境に感謝しているという=兵庫県豊岡市城崎町の城崎温泉で

 新型コロナウイルスの感染拡大で途絶えていた球音が、社会に戻ってきた。社会人野球も今年唯一の全国大会で、11月22日に東京ドームで開幕する第91回都市対抗野球大会(毎日新聞社、日本野球連盟主催)に向け動き出し、県内では兵庫1次予選が8日開幕する。社会人野球の象徴とされる大会を目指し、NOMOベースボールクラブ(豊岡市)の選手らは職場でグラウンドでコロナ禍に打ち克(か)とうと奮闘する。【中田博維】

 浴衣姿で外湯巡りを楽しむ観光客の姿が一時消え、カランコロンと響くげたの音も聞かれなくなった。開湯1300年の歴史を持ち、文豪・志賀直哉らにも愛された城崎温泉(豊岡市)にも、新型コロナウイルスの影響が直撃した。

この記事は有料記事です。

残り1484文字(全文1788文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. NY株反落525ドル安 米与野党協議難航に嫌気、1カ月半ぶり安値水準

  2. 安倍政権が残したもの 私たちが大事「彼ら」は攻撃 オウム真理教報じた江川紹子さんが読む「カルト化社会」

  3. 「ヒステリックブルー」元ギタリスト、強制わいせつ致傷容疑で逮捕 埼玉県警

  4. ミュージカル「刀剣乱舞」東京公演、関係者のコロナ感染で中止

  5. 「もうええわ」ふるさと納税返礼品業者の叫び 指定取り消しの高知・奈半利町

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです