メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

3強横一線 投手陣安定の三菱パワーとENEOS、東芝は打線健在 都市対抗西関東2次

第91回都市対抗野球西関東2次予選の組み合わせ

[PR]

 社会人野球の第91回都市対抗野球大会(毎日新聞社、日本野球連盟主催)の西関東2次予選が9月1日、横浜スタジアムで開幕する。9チームが参加し、9月1、2日のブロック決定トーナメントの勝者3チームが、14日から3日間にわたって行われる代表決定リーグ戦で二つの代表枠を争う。

 三菱パワー、東芝、ENEOSの3強が横一線に並ぶ。

 三菱パワーは、制球力のあるエース大野、今季ドラフト候補の伊藤を擁する投手陣が安定している。キレがある直球が特徴の新人・上野(駒大)も成長が著しい。昨季後半に不振だった中軸の龍が打撃フォームを一新し、復調してきたのも好材料だろう。

 昨年の本大会で4強に入った東芝は、ドラフト3位で中日入りの岡野祐一郎、ドラフト1位で西武入りした宮川哲の二枚看板が抜けた投手陣が課題。福本、岡本らの中堅がどれだけ穴を埋められるか。一方で主将の松本、金子ら野手の主力はほとんどが残っており、得点力は健在だ。

 今季から社名変更したENEOSは、慶大を率いていた大久保監督が6季ぶりに復帰し、意気が上がる。投手陣は柏原、藤井、山岡の3人が安定している。野手では堅守巧打の篠原(筑波大)、長打力がある佐々木(立正大)、パンチ力が武器の安本(法大)ら新人の活躍が鍵を握りそうだ。【岸本悠】

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. NY株反落525ドル安 米与野党協議難航に嫌気、1カ月半ぶり安値水準

  2. 安倍政権が残したもの 私たちが大事「彼ら」は攻撃 オウム真理教報じた江川紹子さんが読む「カルト化社会」

  3. 「ヒステリックブルー」元ギタリスト、強制わいせつ致傷容疑で逮捕 埼玉県警

  4. ミュージカル「刀剣乱舞」東京公演、関係者のコロナ感染で中止

  5. 「もうええわ」ふるさと納税返礼品業者の叫び 指定取り消しの高知・奈半利町

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです