メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

顔面骨折を乗り越えた不屈の男 敗戦にも不敵な笑み 日本生命・高橋英嗣

都市対抗近畿2次予選【カナフレックス-日本生命】九回裏1死二、三塁、代打で同点の二ゴロを放ち、喜ぶ高橋英嗣(左)=京都市のわかさスタジアム京都で2020年9月1日午後4時25分、安田光高撮影

 都市対抗野球大会の近畿2次予選が1日、わかさスタジアム京都で開幕し、日本生命はカナフレックスに延長十二回の末、10―11で敗れた。第4代表決定トーナメントに回った日本生命は今後3連勝しなければ、2次予選敗退が決まる。早くも崖っぷちに立たされた歴代最多出場60回を誇る西の名門だが、36歳の高橋英嗣は「ここからは気持ちの勝負」と不敵に笑った。

 「俺は何かを起こすんや」。高橋英が笑いながら、ベンチ内で声を張り上げた。

 その「何か」が起きたのは、1点差と迫った九回1死二、三塁、代打での打席。まずは同点を狙う場面だが、15年目のベテランはひと…

この記事は有料記事です。

残り618文字(全文888文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. #排除する政治~学術会議問題を考える 「まるでモラハラのよう」 矛盾だらけの「改革」論議 名大・隠岐さや香教授

  2. 愛子さま、19歳に 今春に大学進学 オンライン授業、課題などで忙しく

  3. ながら運転厳罰化1年 「スマホ触らないで」 名神の追突死亡事故、遺族訴え

  4. GoToトラベル利用のバス旅行で10人がコロナ感染 福岡

  5. 社説 森友問題への政府対応 歯止めかからぬ国会軽視

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです