メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

田沢ルール撤廃「素直にうれしい」 きっかけの田沢「次に続く人の障害、嫌だった」

「田沢ルール」の撤廃を受け、取材に応じたBCリーグ・埼玉の田沢純一=横浜市内で2020年9月8日午後0時3分、細谷拓海撮影

 野球の独立リーグ、ルートインBCリーグ・埼玉の田沢純一投手(34)は8日、横浜市内で取材に応じ、自らの米球界挑戦を機に生まれた「田沢ルール」が撤廃されたことについて「素直にうれしい。動いてもらった方々に感謝したい」と語った。撤廃により、10月26日の新人選手選択(ドラフト)会議で指名されれば日本野球機構(NPB)の球団に入ることができる。米球界で活躍した右腕が日本最高峰の舞台でプレーする可能性が現実味を帯びてきた。

 「田沢ルール」はドラフト指名を拒否して海外のプロリーグでプレーした選手と一定期間、契約できないとしたNPB12球団の申し合わせ事項。2008年に田沢が社会人野球の新日本石油ENEOS(現ENEOS)から米大リーグに挑戦した際にできたが、7日のプロ野球の実行委員会で撤廃が決まった。

この記事は有料記事です。

残り481文字(全文832文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 捜査員に知らされた姉の犠牲 「まさか路上生活とは」「理不尽」渋谷傷害致死

  2. 手話で受け付け 病院予約を代行 藤岡市、ビデオ通話 /群馬

  3. はや2くんの大航海 HAYABUSA2応援ページ はやぶさ2帰還をスマホで体感 大気圏に進入「火球」観測アプリを公開 JAXA

  4. 東京・渋谷女性傷害致死 事件前日「金あげるからどいて」 容疑者、断られ立腹 殴打の袋に石

  5. 政府、皇籍離脱の女性皇族に「皇女」の尊称検討 公務への協力委嘱

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです