メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

元近鉄の佐々木恭介監督「退場」取り消し 大和高田ク ノーマスク審判に「近い」

【日本生命-大和高田ク】本塁打を取り消され、指をさして一塁塁審に抗議する佐々木恭介監督(左)=京都市のわかさスタジアム京都で2020年9月11日午前11時16分、安田光高撮影

 京都市のわかさスタジアム京都で開催されている社会人野球の第91回都市対抗野球近畿2次予選で11日、元近鉄監督で大和高田クラブの佐々木恭介監督(70)が判定に抗議して退場を宣告され、その後取り消される一幕があった。

 「退場!」。無観客の球場に審判の声が響いた。日本生命との第4代表決定トーナメント2回戦。大和高田クが3点を追う四回裏、先頭の西脇雅弥の打球が左翼フェンス付近に当たって大きく弾み、外野の芝生に落ちた。責任審判も務める清水雅彦・三塁塁審が右手を回して本塁打のジェスチャーを行っ…

この記事は有料記事です。

残り367文字(全文611文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「優しく温厚。成人式で会えると…」 大阪・巻き添え死 女子学生の友人が涙

  2. 大阪・梅田HEP FIVEで高校生転落し死亡 路上の19歳巻き添え意識不明

  3. 24歳兄が妹・弟を包丁で刺す 犯行後飛び降りか、兄は死亡 東京・東村山

  4. #排除する政治~学術会議問題を考える 行革や効率性で「文句を言う人」飛ばす怖さ 菅政権の新自由主義 重田明大教授

  5. 時代の風 菅政権1カ月 民主主義の本質は議論=藻谷浩介・日本総合研究所主席研究員

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです