メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

前回準Vのトヨタが白星発進 西濃運輸はコールド勝ち 都市対抗東海2次

【西濃運輸-スクールパートナー】七回表西濃運輸2死一塁、岩城駿也が左越えに2ランを放つ=愛知・岡崎市民球場で2020年9月16日午後2時54分、鈴木英世撮影

[PR]

 第91回都市対抗野球大会(毎日新聞社、日本野球連盟主催)の東海2次予選は16日、愛知県の岡崎市民球場で第1代表決定トーナメント1回戦を行った。昨年の本大会準優勝のトヨタ自動車は9―2で東邦ガスを降した。昨年本大会を逃した西濃運輸はスクールパートナーに12―1で七回コールド勝ち。王子は永和商事ウイングに4―0で勝利した。

【東邦ガス-トヨタ自動車】五回表東邦ガス1死二塁、水本弦から空振り三振を奪い、ほえるトヨタ自動車の栗林良吏=愛知・岡崎市民球場で2020年9月16日午前10時59分、鈴木英世撮影

 トヨタ自動車・藤原航平監督 結果として差が付いたが、栗林と守備がよく頑張った。東海地区は甘くないので一戦必勝で。(代表権獲得へ)4連勝するつもりで臨む。

 東邦ガス・山田勝司監督 栗林投手の狙い球など、対策をしてきたが力負けした。終盤に2点を取って、次戦に向けて少し嫌な流れを止めることができた。

 西濃運輸・林教雄監督 うちの選手がどんな野球をするのかと見ていた。送るところは送って、タイムリーが出て、要所、要所で一発が出てと、ほぼ思った通りの試合ができた。ただ六回の失点は不用意だった。

 スクールパートナー・浜田亮監督 力の差を感じたが、六回には持ち味の粘り強さが出せた。次戦以降は大味な試合にならないようにしたい。

 王子・稲場勇樹監督 この大会にかける思いを選手に言ってきたので、このぐらいの出だしで行ってもらいたいと思っていた。今季は大会がなくなっていたが、近藤がしっかり合わせてきてくれた。

 永和商事ウイング・西正文監督 先に点を取られ、浮足立っていた。高めの甘い変化球に手が出せなかったのが打てなかった理由。次に生かしたい。

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 杉田水脈氏 性暴力被害者巡り「女性はいくらでもうそ」 問題発言繰り返す背景とは

  2. 西武、異例の8人リレーで最少失点 二回にリリーフの中塚「正直びっくり」

  3. 「やる気ないなら担当変える」河野行革相、放送規制改革で文化庁に発破

  4. 不仲の夫の食事に洗剤 暴行容疑で妻を書類送検 神奈川県警

  5. 虫歯治療後に2歳死亡 福岡の小児歯科元院長を近く在宅起訴へ

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです