メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ENEOS、5年ぶり50回目本大会へ 東芝も12年連続42回目 都市対抗西関東2次

【ENEOS(横浜市)-三菱パワー(横浜市)】西関東第1代表で本大会出場を決め、マウンド上で喜び合うENEOSの選手たち=横浜スタジアムで2020年9月16日、西夏生撮影

[PR]

 第91回都市対抗野球大会(毎日新聞社、日本野球連盟主催)の西関東2次予選は16日、代表決定リーグを行い、ENEOS(横浜市)が延長十二回の末に5―3で三菱パワー(横浜市)を破って2勝目を挙げ、5年ぶり50回目の本大会出場を決めた。この結果、1勝1敗の東芝(川崎市)も12年連続42回目となる代表権を獲得した。

 ENEOS・大久保秀昭監督 (監督復帰1年目で5年ぶりの本大会出場を勝ち取る)この選手たちは4年間、負けしか知らなかった。厳しい試合に勝てて感動した。

 三菱パワー・後藤隆之監督 先発の伊藤は50~60点の出来だった。(今季、社名変更)本大会でこの名前をアピールしたかっただけに残念。

 東芝・平馬淳監督 (第2代表も)悔しさ半分、うれしさ半分。本大会に向け、投手陣の整備に取り組みたい。

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 香取慎吾さん、民放連続ドラマ主演 SMAP解散後初 SNS「指殺人」巡る刑事もの

  2. ラグビー元日本代表、湯原祐希さん死去 36歳 トレーニング中倒れ

  3. 岸田氏、古賀氏と決別決意? 派閥パーティー招待せず 総裁選対応に不満

  4. 東証、システム障害で全銘柄の取引停止

  5. 「サカキバラとは違う。必要に迫られて」 座間事件9人殺害・白石被告一問一答(その1)

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです