メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

1枠巡る争いは室蘭シャークスとJR北海道クが軸 19日から都市対抗・北海道2次

社会人野球の最高峰「都市対抗野球大会」

[PR]

 社会人野球の第91回都市対抗野球大会(毎日新聞社、日本野球連盟主催)の北海道2次予選が9月19日、札幌円山球場で開幕する。4チームが参加するリーグ戦で、ただ一つの代表枠を争う。連覇を狙う日本製鉄室蘭シャークスと、2年ぶりの代表を目指すJR北海道クが軸になる。

 室蘭は昨年の本大会で先発した左腕・岩崎を中心に鈴木駿、佐藤、瀬川の元プロ3投手をそろえる。打撃陣は上向きで、リードオフマンで2年目の小林、主軸の小屋畑、田畑は高い得点力がある。

 JR北海道クも投手層は厚い。2年目の伊藤は直球に勢いがあり、元プロの立田、12年目のベテラン福山も控える。1次予選で好投した身長195センチの新人右腕・内沢は長身を生かした落差のある直球が持ち味。打線は主軸の松浦を中心に新人の水木、前田、冨田が調子を上げている。

 航空自衛隊千歳はエース左腕・佐藤怜をつながりのある打線で援護したい。創部3年目で初の2次予選に挑む北海道ガスは大城(遠軽高)、鈴木(滝川西)と甲子園を経験している若手投手陣が勢いに乗れるかが鍵を握る。【三沢邦彦】

リーグ戦の日程

<19日>10時:①-②、13時:③-④

<20日>10時:①-③、13時:②-④

<21日>10時:②-③、13時:④-①

※数字は、①JR北海道ク、②航空自衛隊千歳、③北海道ガス、④日本製鉄室蘭シャークス。2チームが勝利数で並んだ場合、22日10時から代表決定戦。3チームの場合は22日9時、11時半、14時に総当たり戦を実施して代表を決める

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 真面目なラブホテル苦境 給付金もGoToも対象外 「推奨されていい」はずなのに

  2. 「量が多く面倒」児童の絵日記などを家庭ごみで廃棄 教員を停職処分 新潟

  3. 大坂なおみ選手起用「かわいさ」狙った広告に集まった批判 その背景は

  4. ジャパンライフに8000万円投じた女性 「安倍首相らが広告塔なので信用」

  5. 「僕が駅を利用しない方がもうかるのか」 疎外感訴える障害者 無人駅巡りJR九州提訴へ

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです