メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

第91回都市対抗野球

東海2次予選 初得点にあと一歩 15日に敗れた岐阜倶 「成長を実感」 /岐阜

 15日の1回戦で岐阜硬式野球倶楽部(安八町)は三菱重工名古屋に0―7で敗れた。

 3年ぶりに都市対抗東海2次予選に挑んだ岐阜倶。前回は西濃運輸に0―12、ヤマハに0―10でいずれも七回コールドだったが、今回は九回まで試合ができた。まだ企業チームの背中は遠いが、畦地郷資監督は成長を実感し、「一生懸命練習する選手を見て、新しく入った選手がさらに練習する好循環がある」と語る。

 先発左腕・倉野泰希が流れを作った。直球はほとんどが130キロを超えなかったが、制球を重視し、変化球を織り交ぜながらコースに投げ込み、一回を3者凡退で抑えた。

この記事は有料記事です。

残り286文字(全文551文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 群馬・高崎にプロレス覆面専門店 東京からコロナ移住「マスク文化根付かせたい」

  2. #自助といわれても 気づいたら全財産103円 42歳女性が「見えない貧困」に落ちるまで

  3. ファクトチェック 「野党議員は自宅待機 自民党議員は無症状即入院」ツイートは不正確

  4. 新型コロナ 本当にデタラメなのか 河野太郎行革相が批判したNHKワクチン報道を検証した

  5. 50代中年ウーバー配達員の奮闘、苦悩 「感謝と複雑な思いと…」

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです