メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ブラジル生まれの日本生命・伊藤ヴィットル 背水の陣から雪辱果たす 都市対抗近畿2次

【日本生命-カナフレックス】五回表日本生命2死二塁、伊藤ヴィットルが右翼線へ適時二塁打を放ち、二塁ベース上でこぶしを突き上げる=京都市のわかさスタジアム京都で2020年9月18日午前10時54分、石川裕士撮影

 第91回都市対抗野球大会(毎日新聞社、日本野球連盟主催)の近畿2次予選は18日、京都市のわかさスタジアム京都で第4代表決定トーナメント5回戦があり、本大会優勝4回の日本生命が初出場を目指すカナフレックスを3―0で降した。日本生命は23日の第4代表決定戦で日本新薬と対戦する。カナフレックスは同日の第5代表決定トーナメント1回戦でニチダイと顔を合わせる。

 同じ相手に2度は負けられない。1日の初戦で延長タイブレークの末に1点差で敗れたカナフレックスとのリベンジマッチに、「借りはきっちり返す」(十河章浩監督)と強い決意で臨んだ日本生命。ブラジル生まれの1番・伊藤ヴィット…

この記事は有料記事です。

残り907文字(全文1192文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 『きかんしゃトーマス』日本から来た新キャラ“ケンジ”登場 劇場版新作、21年春公開

  2. 複数選手が脱水症状 プリンセス駅伝でアクシデントが相次ぐ理由とは

  3. ODAでソロモン諸島に配備した防災連絡システム、約3年使われず 検査院指摘

  4. ORICON NEWS 『鬼滅の刃』もはや“日本経済の柱”と話題 映画は歴代1位発進、東宝株価が高値更新…企業コラボも恩恵続々

  5. 菅首相は「反知性主義」なのか 任命拒否問題で神学者・森本あんりさんが抱く違和感

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです