メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

永和商事ウイング、逆転でJR東海に勝利 ヤマハは王子に逆転勝ち 都市対抗東海2次

社会人野球の最高峰「都市対抗野球大会」

 第91回都市対抗野球大会(毎日新聞社、日本野球連盟主催)の東海2次予選は24日、愛知県の岡崎市民球場で第3代表決定トーナメント2回戦2試合が行われ、永和商事ウイングが終盤に逆転し、4―3でJR東海に競り勝った。ヤマハは4―2で王子に逆転勝ち。永和商事ウイングとヤマハは、26日の同3回戦で対戦する。

 JR東海は第6代表決定トーナメントに回り、29日に三菱重工名古屋と対戦。王子も第6代表決定トーナメントに回った。

 永和商事ウイング・西正文監督 JR東海の戸田(公星)投手には(これまで)やられている記憶しかないが、よく選手が打ってくれた。投手陣も頑張ってくれた。これからも今日以上の戦いができるよう準備したい。

 永和商事ウイング・松本敏和内野手 (七回に反撃の口火を切る適時打)割り切って高めだけを狙い、打つことができた。(その後も打線がつながって逆転し)チームが一丸になって戦えている。

 ヤマハ・室田信正監督 みんなが我慢して戦ってくれた。2点を先に取られて劣勢だったが、投手陣が粘り、打線も粘り強く王子の近藤投手を打ってくれた。

 王子・稲場勇樹監督 この大会らしい試合だった。(先発の)近藤はよく投げた。打線も悪いわけじゃないが、相手投手が良かった。

あわせて読みたい

広告
第45回社会人野球日本選手権DVD注文受付中

話題の記事