メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

月刊アマ野球

社会人野球・監督考 「倍返し」のプレーを セガサミー監督・西田真二氏(60)

今年からセガサミーの監督に就任した西田真二氏=東京都八王子市戸吹町で2020年9月6日午前11時28分、尾形有菜撮影

 ――独立リーグ・四国アイランドリーグplusで14年、監督を経験し、初めての社会人野球。どんな思いで監督を引き受けたか。

 ◆実は社会人野球にはずっと憧れていた。法政大学時代は仲間の多くがプロにも行った全盛期だったが、社会人チームとオープン戦をすると「強さ」を肌で感じた。プロ予備軍のように素晴らしい選手が多かった。独立リーグで何度も優勝を経験させてもらい、やりきった思いがあって身を引くことも考えていたが、社会人なら(監督を)やってみたかった。

 ――1月の就任から9カ月。手応えやプレッシャーは。

この記事は有料記事です。

残り981文字(全文1230文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ODAでソロモン諸島に配備した防災連絡システム、約3年使われず 検査院指摘

  2. 複数選手が脱水症状 プリンセス駅伝でアクシデントが相次ぐ理由とは

  3. ORICON NEWS 『鬼滅の刃』もはや“日本経済の柱”と話題 映画は歴代1位発進、東宝株価が高値更新…企業コラボも恩恵続々

  4. 特集ワイド 令和おじさん、パンケーキおじさん 「庶民派」菅首相の正体 中島岳志・東工大教授に聞く

  5. 菅首相は「反知性主義」なのか 任命拒否問題で神学者・森本あんりさんが抱く違和感

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです