メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

楽天の25歳ルーキー滝中 ツイッター「フォロバ100%」のわけ

持ち味を発揮している楽天の新人・滝中(左)。SNSでファンと交流し、人気を集めている=メットライフドームで2020年9月25日午後5時3分、生野貴紀撮影

 プロ野球・楽天の滝中瞭太投手が9月27日の西武戦(メットライフドーム)で、プロ初勝利を目指して今季2度目の先発マウンドに上がる。今季、ドラフト6位で入団した25歳の「オールドルーキー」はソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)でファンと積極的に交流することでも知られている。その工夫と理由を本人に聞いた。

 滝中は滋賀県出身で同県立高島高、龍谷大から社会人・ホンダ鈴鹿を経てプロ入りした。打者の内角を突く投球が持ち味で、1軍デビューとなった9月19日のソフトバンク戦では先発し、六回途中1失点と好投。白星こそ付かなかったが、首位チーム相手に堂々の投球を見せた。

 そんな滝中はツイッター(@adww74441)を駆使し、ファンから質問を募集して、回答するなど積極的に交流している。DeNAの山崎康晃らツイッターを活用するプロ野球選手は少なくないが、滝中の特徴は、フォローしてくれた人全てにフォローし返しているという点だ。ツイ…

この記事は有料記事です。

残り457文字(全文872文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「政府があらゆる記録を残すのは当然」 菅首相の新書から消えた言葉の重み

  2. アメリカを歩く 大統領選後も残る「トランプなるもの」 ある支持者が語った正しさへの憎しみ

  3. オウム 松本元死刑囚、執行直前の様子「ちょっと待って」

  4. 菅首相の妻・真理子さんが外交デビュー ベトナム首相夫人主催の昼食会出席

  5. 「倒れそう」と職員悲鳴 接触確認アプリで保健所に電話殺到 なぜパンク寸前に?

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです