メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ホンダ鈴鹿が5年連続25回目の本大会出場 都市対抗・東海2次

社会人野球の最高峰「都市対抗野球大会」

 第91回都市対抗野球大会(毎日新聞社、日本野球連盟主催)の東海2次予選は28日、愛知県の岡崎市民球場で第2代表決定戦があり、ホンダ鈴鹿が5―1でジェイプロジェクトに快勝し、5年連続25回目の本大会出場を決めた。ジェイプロジェクトは10月2日の第4代表決定戦で、西濃運輸と東邦ガスの勝者と対戦する。

 第4代表決定トーナメント1回戦もあり、東邦ガスが永和商事ウイングに8―1で逆転勝ちした。東邦ガスは29日の同2回戦で西濃運輸と対戦する。永和商事ウイングは30日の第6代表決定トーナメント1回戦で王子と対戦する。

 ホンダ鈴鹿・丸井健太郎監督 予選を通じて(3勝の)井村が成長し、柱になってくれた。チームに安心感を与える投球をしてくれた。本大会でも予選と同じように一戦一戦、必死に戦っていきたい。

 ジェイプロジェクト・辻本弘樹監督 (先発の)白崎を研究されていた。三回に得点したが、その裏の失点が痛かった。次戦以降も、代表決定戦だからと意識せず普段通り戦う。

 東邦ガス・山田勝司監督 今年も(先発した)水田さまさま。打線はなかなか二塁が踏めなかったが、若林が最初のチャンスでよく仕事をしてくれた。

 永和商事ウイング・西正文監督 七回無死二塁から三塁に走者を進められないなど、好機を生かせずにいるうちに隙(すき)を突かれてしまった。今後も苦しい試合が続くがミスのないようにしたい。

あわせて読みたい

広告
第45回社会人野球日本選手権DVD注文受付中

話題の記事