メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

昨年代表同士の対決はJFE西日本が競り勝つ 新人右腕が完封 都市対抗中国2次

【シティライト岡山-JFE西日本】4安打完封したJFE西日本の津山裕希=東広島市の東広島アクアスタジアムで2020年9月29日、安田光高撮影

 第91回都市対抗野球大会(毎日新聞社、日本野球連盟主催)の中国2次予選は29日、東広島市の東広島アクアスタジアムでリーグ戦3試合を行った。

【ツネイシブルーパイレーツ-三菱自動車倉敷オーシャンズ】無失点で12回を投げ抜いた三菱自動車倉敷オーシャンズの広畑敦也=東広島市の東広島アクアスタジアムで2020年9月29日、安田光高撮影
【光シーガルズ-伯和ビクトリーズ】五回裏伯和ビクトリーズ1死二、三塁、高正則が右中間2点三塁打を放つ=東広島市の東広島アクアスタジアムで2020年9月29日、安田光高撮影

 A組は、昨年の代表同士の対決となり、JFE西日本の新人右腕・津山がシティライト岡山を完封し、1―0で競り勝った。三菱自動車倉敷オーシャンズとツネイシブルーパイレーツは0―0で、延長十二回規定により引き分け。B組では伯和ビクトリーズが4―1で光シーガルズの追い上げを振り切った。

 JFE西日本・山下敬之監督 (4安打完封の)津山は制球がいいので、中盤まではしっかりと最少失点でいってくれると思っていたが、ナイスピッチング。打たれたり、ボールになったりしても気持ちがぶれなかった。

 三菱自動車倉敷オーシャンズ・首藤章太監督 広畑が実力通りの投球をしてくれた。肉体的にも精神的にもタフ。攻撃ではきちっと送るところで送れないといけない。なかなかヒットは打たせてくれない。

 ツネイシブルーパイレーツ・松原勲監督 (先発の)谷本が連投だったが、終盤まで安定していた。低めに丁寧に投げていた。本塁は遠かったが、速い球には対応できたと感じる。

あわせて読みたい

広告
第45回社会人野球日本選手権DVD注文受付中

話題の記事