メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

西濃運輸、東海理化に完勝 永和商事、JR東海に競り勝つ 都市対抗東海2次

社会人野球の最高峰「都市対抗野球大会」

 第91回都市対抗野球大会(毎日新聞社、日本野球連盟主催)の東海2次予選は1日、愛知県の岡崎市民球場で第6代表決定トーナメント2回戦があり、西濃運輸が7―0で東海理化に完勝した。永和商事ウイングは4―3でJR東海に競り勝った。3日の同3回戦では西濃運輸と永和商事が対戦する。東海理化とJR東海は予選敗退が決まった。

 西濃運輸・林教雄監督 1点を先に取るまでは互いにしのぎ合いだった。力の差はないが、先取点を取り、選手はリラックスできた。(完封した)堀田は低めに上手に投げ、よく完投してくれた。

 東海理化・奥山博之監督 (併殺で好機を逸した)二回と四回の攻撃がすべて。流れを相手にあげてしまった。若い選手には、予選を通じて経験したことを今後に生かしてもらいたい。

 永和商事ウイング・西正文監督 塁に出たいという強い思いが、勝負どころでの打線のつながりを生んだ。次からも一戦一戦、頑張れたらいい。

 JR東海・久保恭久監督 (予選を通じて永和商事ウイングに2敗)最後は同じ相手に同じように負けてしまった。打線に意外性がなく、盛り上がりに欠けた。創部100周年でなんとかしたかったのだが。

あわせて読みたい

広告
第45回社会人野球日本選手権DVD注文受付中

話題の記事