メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

JFE西日本とJR西日本が決勝T進出 都市対抗中国2次

【JR西日本-伯和ビクトリーズ】2番手で登板し、4回3分の1を無失点と好投したJR西日本の加賀美希昇=2020年10月1日、安田光高撮影

 第91回都市対抗野球大会(毎日新聞社、日本野球連盟主催)の中国2次予選は1日、東広島市の東広島アクアスタジアムでリーグ戦3試合を行い、JFE西日本とJR西日本が決勝トーナメント進出を決めた。

【ツネイシブルーパイレーツ-JFE西日本】一回裏JFE西日本1死一、二塁、先制の右越え3ランを放った綿屋樹=東広島市の東広島アクアスタジアムで2020年10月1日、安田光高撮影

 A組は、JFE西日本が4番・綿屋樹の先制3ランなどで、ツネイシブルーパイレーツに4―3で辛勝。3戦全勝で1位通過した。ツネイシブルーパイレーツは1分け2敗で敗退した。

【JR西日本-伯和ビクトリーズ】四回表JR西日本無死、黒野諒太郎がバックスクリーンにソロ本塁打を放つ=東広島市の東広島アクアスタジアムで2020年10月1日、安田光高撮影

 B組はJR西日本が伯和ビクトリーズとの打撃戦を制し、2連勝となった。伯和ビクトリーズは1勝1敗。今季限りで再編される三菱重工広島は新人・桜井涼の3点二塁打などで光シーガルズに6―4で逆転勝ち。1勝1敗の五分に戻した。2敗の光シーガルズは敗退が決まった。

【光シーガルズ-三菱重工広島】二回裏三菱重工広島無死満塁、走者一掃の二塁打を放ち、拳を突き上げる桜井涼=東広島市の東広島アクアスタジアムで2020年10月1日、安田光高撮影

 JFE西日本・山下敬之監督 (4番に起用した綿屋が先制3ラン)はまった。調子が上向いていたので使った。試合前に4番は三振か本塁打、あとは大事なところで1本打てばいいと言ったが、大きな仕事をした。

 JR西日本・花本輝雄監督 一回に先制されたが、すぐに3点取れたのが良かった。(二回の)春原の(2点)三塁打が大きかった。(2番手の)加賀美が良い投球をして流れを持ってきてくれた。

 三菱重工広島・町田公二郎監督 二回にすぐに返せて、追い越せたのが大きかった。桜井のあの(3点二塁打の)1本が大きかった。新人だが良い仕事をした。(次戦は)やるか、やられるか。力を出し切れるかどうか。

あわせて読みたい

広告
第45回社会人野球日本選手権DVD注文受付中

話題の記事