メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

層の厚い投手陣攻略 キーマンは「宇宙人」か「巨漢」か 都市対抗東海第3代表決定戦

下位打線ながらコンスタントに安打を重ねる三菱自動車岡崎の小室和弘=愛知県の岡崎市民球場で2020年9月27日午前10時16分、森野俊撮影

 第91回都市対抗野球大会(毎日新聞社、日本野球連盟主催)の東海2次予選は2日、愛知県の岡崎市民球場で第3代表決定戦があり、三菱自動車岡崎とヤマハが対戦する。第3代表決定トーナメントでは、両チームとも多彩な顔ぶれの投手陣が勝利の原動力となった。そんな手ごわい相手投手を攻略する打線のキーマンとは?

 三菱自動車岡崎は、下位打線ながら好調な小室和弘に期待が懸かる。明大時代には「何を考えているか分からない」と、周囲から「宇宙人」と呼ばれていた。それでも4年時には4番を務め、東京六大学史上7人目のサイクル安打を達成した8年目の内野…

この記事は有料記事です。

残り311文字(全文574文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. FX投資詐欺の疑い7人逮捕 700人から計2億円超だまし取ったか 大阪

  2. 複数選手が脱水症状 プリンセス駅伝でアクシデントが相次ぐ理由とは

  3. バックアップ、5年「OFF」 富士通のマニュアルに誤り 東証システム障害

  4. 83年「形式的任命」政府答弁の維持「答えるのが困難」 内閣府

  5. 外国人苦学生 「進学のため」働き過ぎで失った在留資格 ベトナム人留学生、日本の生活に疲れ

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです